おすすめの水素水  
おすすめNo.1

トラストウォーター
トラストウォーター

お試しセット1,800円(400ml×7本)

溶存濃度3.0ppmの高濃度のトラストウォーター。飲み口の無い特殊4層構造アルミパウチ採用しています。

詳細はこちら

トラストウォーター
おすすめNo.2

伊藤園「高濃度水素水」
伊藤園

お試しセット1,780円(200ml×7本)

特許登録の充填方式により2.5ppmの高濃度。飲み口にアルミ内蔵スパウト採用で長期間の溶存濃度を保つのが特徴

詳細はこちら

伊藤園「高濃度水素水」
おすすめNo.3

浸みわたる水素水
浸みわたる水素水

500ml×12本お試しセット1,980円

マイクロ・ナノバブル製法で高濃度の1.6ppmを実現、気密性の高い4層構造の容器で水素を逃がしません。

詳細はこちら

浸みわたる水素水

⇒ アルミパック水素水の商品比較

水素水とは?

水素水とは一定量以上の水素が溶け込んでいる水のことで、分子状水素の作用に関連する研究会「分子状水素医学シンポジウム」においては、最低0.08 ppm以上の水素濃度の水を水素水と定義しています。
水素水は、身体をサビつかせ老化の原因となる「悪玉活性酸素」をとり除く効果があるとことが分かっており、様々な研究により、 美容効果や脂肪燃焼効果、疾患・病状に対する効果など様々な効能があることが検証されています。
⇒もっと詳しく

効果・効能

水素水の効果・効能は、現在様々な研究機関で研究が進められています。現在数百の学術論文が発表されており、臨床試験により効果・効能が認められているものも数多く発表されています。生活習慣病など、年を重ねることに表れる身近な疾患をはじめ、美容や肥満などの効果・効能なども数多く論文で報告されています。
⇒もっと詳しく


水素水商品の比較ポイント

商品の種類はどんなのがあるのか?

市販されている水素水商品には、大きく分けて
1.アルミパウチ飲料
2.サーバー(生成器)
3.科学反応による生成タイプ(スティックなど)
などがあります。それぞれメリットやデメリットがあるので、用途に合わせて比較してみて下さい。
⇒もっと詳しく

溶存濃度(含有量)とは?

水素水は商品によってその濃度が違っています。濃度を示す単位として使われるのはppm(parts per million)で、100万分の1を表します。商品の濃度によって価格なども異なるので、溶存濃度を比較して検討してみるといいでしょう。
⇒もっと詳しく

酸化還元電位とは?

他の物質を酸化しやすい状態にあるのか、還元しやすい状態にあるのかを示す指標が酸化還元電位で、この値が高ければ酸化力が強く、低ければ還元力が強いことを示します。水素水はこの酸化還元電位が低くなり、低ければ低い程還元しやすい状態の水になります。商品によってこの値が異なるので、比較するときの一つの目安となります。
⇒もっと詳しく

生成方式の違い

水素水の生成方法は大きくわけると、電気分解方式(電解式)、気体過飽和式(飽和式)の2つがあります。飽和式の方が安定して生成出来ますが、飽和式の生成器などはまだ値段も高く、一般的に出回っているのは電解式のものが多いです。
⇒もっと詳しく


最新ニュース