水素水とは?

水素水とは水素を多く含んだ水

水素水とは一定量以上の水素が溶け込んでいる水のことで、医学的には「水素豊富水」と呼ばれています。分子状水素医学シンポジウム(生体における分子状水素の作用に関連する研究の学術発展を図ることを目的とした研究会)においては、最低0.08 ppm以上の水素濃度の水を水素水と定義しています。
水素水は水を電気分解したり、または水と水素に圧力をかけて水に水素を溶け込ませる方法などで作ることが出来ます。気体である水素が水に溶け込むの?と思うかもしれませんが、溶け込むことのできる水素はごく少量で、水の中に溶存できる水素量は1.57ppm(ppmは100万分の1)と科学的に実証されています。

なぜ水素水が注目されているの?

水素水は水素を多く含むことで水素分子の作用により、他のものを酸化させない物質へと変化します。元々は2007年5月にアメリカの科学雑誌「Nature Medicine」にて、日本医科大学大学院 細胞生物学の太田成男教授らにより発表された「活性酸素を水素ガスで効率的に除去できる」内容の論文がきっかけとなり、その後も世界中で200を超える学術論文が発表されました。カラダの老化や生活習慣病の原因となる悪玉活性酸素と結合して無害な水に還元することから、健康や美容に有効な物質として注目を集めるようになり、水素水商品も数多く発売され始め、一部のスポーツ選手や有名女優なども愛用していたことで一般にも広く認知されるようになりました。

水素水の効果・効能

水素水は、身体をサビつかせ老化を進める「悪玉活性酸素」をとり除く効果があることが分かっており、細胞が「悪玉活性酸素」によって酸化され傷つくと、糖尿病や高血圧、 メタボリックシンドロームなどの生活習慣病や、 シミ・シワ、内臓の老化などの原因になると言われていますが、水素を体に多く取り入れることで、悪玉活性酸素を無害な水に変えることができると注目されています。
学術論文も数多く発表されており、生活習慣病、神経変性疾患、筋疾患、消化器疾患、腎炎、腎透析、呼吸器疾患、新生児疾患、臓器移植など20種類以上の疾患や症状への効果、また肌のシワの抑制や、代謝促進効果、脂肪燃焼促進などの美容効果などが検証されています。
水素水の効果・効能