水素水飲料の選び方

水素水にアルミパウチ容器が採用される理由

気密性を高めたアルミパウチ容器

アルミパウチ容器水素は地球上で一番小さい分子である為、一般的なペットボトルや紙パックの容器では、簡単に放出されてしまいます。その為、水素水はその大半の商品が最も抜けにくい気密性を高めたアルミパウチ容器で提供されています。
各メーカーで最も作用されているアルミパウチ容器は気密性を高めた構造(4層構造など)になっているものが多く、時間が経過しても水素の漏れが少なく、濃度の高い状態を保つことができるように工夫されたものが多く見られます。

水素は最も小さい分子

水素は地球上で最も小さい分子である為、気密性を高めた容器で密封したとしても、日数が経つにつれて少しづつ水素が抜けていってしまいます。その為、開封後は短時間で飲み干してしまわないと含まれている水素は表記されている水素含有量よりも低いものとなってしまうので、注意が必要です。

水素水飲料選びのポイント

水素濃度と酸化還元電位

アルミパウチ水素水の水素濃度は最大飽和濃度である1.6ppmに近い水素濃度の商品が最も多いですが、0.8ppm~3.0ppmと商品によって大きく異なります。あくまでもアルミパウチ容器に充填した時点での水素濃度なので、納品時には表記されている濃度よりも低い濃度となっています。また、酸化還元電位は-400mV~-650mVの商品が大半となっています。

容器の飲み口

アルミパウチ水素水の容器には、大きく2種類の容器があります。
飲み口アリのアルミパウチ容器最も多く採用されているのがプラスチックのキャップが採用されている容器で、開封後も空気を抜いてキャップを閉めれば水素が逃げないように保存が可能で、密封した状態でキャップを閉めれば1日は水素が逃げないようになっています。
もう一つは飲み口の無いアルミパウチ容器です。プラスチックキャップの容器はアルミパウチであったとしても飲み口がプラスチックでは水素を閉じ込めておくには不十分という考えから飲み口の無いアルミパウチを採用している水素水も数社あります。水素水充填後に水素が逃げないように工夫されている容器ですが、開封後は短時間で飲み干す必要があるので運動後や風呂上がりなどの喉が渇いた状態の時に飲まなないと飲み切れないというデメリットもあります。
また、伊藤園から発売されたアルミパウチの「高濃度水素水」は、この飲み口のスパウトにアルミ内臓のキャップを採用しており、プラスチックである飲み口の箇所からも水素が抜けにくいように様に工夫された商品もあります。飲み口の箇所にもアルミを内臓することで、長期間の溶存濃度の保持を可能としており、飲み口のあるアルミパウチ商品の賞味期限(水素が溶存しているとされる期間)が4ヶ月程度のものが多い中、この伊藤園の「高濃度水素水」は賞味期限9ヶ月という長期間の賞味期限となっています。


水素水に含まれる成分

アルミパウチ水素水の原水には大半の商品は天然水が使われていることから、成分にはミネラル分が含まれています。ミネラル分についてはメーカー公式ページなどには記載が無い場合がほとんどですが、パッケージに記載されています。当サイトでは商品詳細のページにて成分を紹介しています。

pH値

お水にはpH値という値があり、水はこのpH値によって酸性かアルカリ性かに分かれます。pH値が0~7であれば酸性、7付近であれば中性、7~14であればアルカリ性になります。水素水の原水となる天然水に起因しますが、中性~弱アルカリ性の商品が多いです。

硬度

水素水商品の硬度もそれぞれ異なります。日本の天然水を原水としていることから軟水の商品が多いですが、硬度80㎎を超える中硬水に分類されるような商品もあります。硬度が高いと通常飲んでいる日本のお水に比べて飲み口が異なってきます。

賞味期限

水素は最も小さい分子である為、どんなに密封されていても時間と共に抜けていってしまいます。その為、賞味期限はアルミパウチ容器でも飲み口のある容器と飲み口無しの容器で異なるようです。飲み口あり容器は大体4ヶ月、飲み口無し容器で6ヶ月となっていますが、どのメーカーも水素量が抜けないように早めに消費することを推奨しています。

⇒アルミパウチ水素水の商品一覧