水素水の効果・効能

水素水は、身体をサビつかせ老化を進行させる「悪玉活性酸素」をとり除く効果・効能があることが分かっています。「悪玉活性酸素」によって細胞が酸化され傷つくと、糖尿病や高血圧、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病や、シミ・シワ、内臓の老化などの原因になるのですが、水素を体に多く取り入れることで、悪玉活性酸素を無害な水に変える効果・効能があると注目されています。
水素水の疾患・症状に関する効果、効能は、数多くの学術論文が発表されており、臨床試験により効果・効能が認められているものも数多く発表されています。
特に一般の方への注目が高いのは、生活習慣病など、年を重ねることに表れる身近な疾患などで、特に美容や肥満などの効果・効能なども数多く論文で報告されています。
また、癌や認知症などの疾患にも効果・効能が認めれる論文なども数多く発表されており、更に研究が進められています。

美容・ダイエット効果

シワの形成を抑制

水素水は飲むだけでなく、肌になじませることでも効果・効能を発揮することが検証されています。紫外線照射による皮膚傷害を活性酸素種の消去作用、並びに1型コラーゲン産生促進作用によって抑制することが実証されており、肌につけて馴染ませることで、シワの形成を抑制る他、肌のしっとり感・弾力感・毛穴・シワ・キメの改善などの効果・効能が報告されています。

ダイエット効果

水素分子(H2)は、肝臓FGF21を誘発して、エネルギー代謝を促進することによって、肥満と糖尿病を改善する効果・効能があることが研究により分かってきました。FGF21とは、脂肪燃焼などのエネルギー代謝を活性化するホルモンで、水素水を摂取すると肝臓ホルモンFGF21が放出され、脂肪燃焼効果が上昇することで、体脂肪、脂肪肝、中性脂肪などの増加を抑え、血糖値の上昇を抑える効果・効能があることが分かっています。

疾患・症状

水素水の臨床試験では、認知症、パーキンソン病、アルツハイマー病などの神経変性疾患や、進行性筋ジストロフィーなどの筋疾患、腎炎、膀胱炎、腎透析等の腎疾患・膀胱疾患関連、癌関連など数多くの疾患・病状に対する効果・効能の論文が発表されています。まだまだ色んな疾患に対する効果、効能が日々研究されており、医療現場でも活用され始めています。
参考URL:水素医学について

効果のある水素濃度

水素濃度と細胞の生存率の関係を放射線投射で実験した結果から、効果が得られる水素水の水素濃度は約0.4ppmまでということが報告されています。0.4ppmの水素水と0.4ppm以上の水素水が及ぼす効果を比較してみたところ、効果の差が見られたのは0.4ppm以下の水素水では濃度の違いによって効果に差が見られたが、0.4ppmを超えた水素水を比較したところ濃度によって効果に差は見られなかったとの事。これは、身体の中にある水素レセプターが感知できる水素分子が数量的に一定であるからと考えられ、0.4ppmを超えた水素水は水素濃度と効果には直接的な相関関係がないことになります。
また中京大学の近藤教授らの研究グループが行った研究結果では、水素水を飲んだときに水素の約60%は体内に吸収されずに呼吸と共に体外に排出されてしまい、約40%の水素しか体内に吸収されないということが発表されています。このことから、1.0ppmの水素水を飲んだ場合に0.4ppmの水素が吸収されることになる為、1.0ppm以上の水素水であれば体に及ぼす効果は同じということになります。