水素水の生成方式(生成の仕組み)

水素水の生成方法にはいくつか種類があり、大きく分けると電気分解方式(電解式)、気体過飽和式(飽和式)、またマグネシウムとの科学反応による生成方式や、最新ではPEM(量子交換膜)方式などがあり、それぞれ生成後の溶存濃度や水の性質に特徴が見られます。

電気分解方式(電解式)の仕組み

電解式は電極の周辺に水を通過させ、電気分解することで水を水素水に変換します。水素水サーバーにこの方式の商品が多いです。電解式は水に電極の金属が直接水に触れる為、金属が水に溶け出す可能性があり、また水質がアルカリ性に変化してしまうというデメリットがあります。

気体過飽和式(飽和式)の仕組み

飽和式は水を電気分解することで水素を取り出してそれに圧力をかけて水素を水に溶け込ませる方式です。水素は圧力をかけるほど水に溶け込むので、性能的には飽和式の方がおすすめで、アルミパック容器の商品はほとんどがこの製法で作られており、また水素水サーバーでも一部の製品にこの方式が採用されています。

マグネシウムとの科学反応による生成方式

水とマグネシウムの化学反応を利用して水素を発生させる方式です。スティックタイプと呼ばれる商品がありますが、スティックのプラスチック容器の中にマグネシウムが内蔵されており、水に入れると科学反応により水素が発生します。ペットボトルなどに水と共にマグネシウムのスティックを入れておけば水素水を生成することができ、時間はかかりますが最大飽和濃度である1.6ppm以上の溶存濃度に生成することも可能です。

PEM(量子交換膜)方式

飲用水と電気分解用の水を分け、電気分解により発生させた水素を飲用水と溶存させる生成方法で、最新の生成方式になります。形態としては飽和式と同じような手順で生成されますが、細かい部分の方式などが異なるようです。このPEM方式も金属が直接水に触れない為、金属が水素水の溶け出す心配がなく、安全な生成方法となっています。