水素水商品の種類

現在発売されている水素水の商品にはどんな種類があるのでしょうか。飲料して販売されている商品や、水道水やミネラルウォーターを水素水に生成する生成器など、その商品形態は様々です。ここでは主に発売されている代表的な商品を紹介致します。

アルミパウチ水素水

アルミパウチ容器飲料商品として発売されているアルミパウチに入った水素水です。
工場で水素水を生成し、アルミパウチに詰めて出荷されています。水素は最も小さい分子であることから非常に抜けやすく、ペットボトルやアルミ缶などではすぐに水素が抜けてしまいます。その為4層構造などの水素が抜けにくいアルミパウチを容器として採用している飲料商品が最も多く発売されています。また、水素が抜けやすいという特性から一般の小売店ではほとんど流通しておらず、通販で製造から3日以内にお届けしている商品が大半となっています。
アルミパウチ商品一覧

水素水サーバー

水素水サーバーお水を水素水に生成するサーバータイプの商品です。
普通のお水を水素水に変えることが出来る為、使い放題でヘビーユーザーの方へおすすめです。ただしサーバー自体の価格が10万円以上するものがほとんどで非常に高価な商品となっています。水道水は塩素を含むため水道水をそのまま水素水に生成しても効果が薄れる可能性があることから、水道水を浄水してそのまま生成できる浄水機能を備えた機種や、浄水した水やミネラルウォーターを入れて生成するタイプなど機能がそれぞれ異なり、機能の違いによって価格も大きく異なってきます。また、レンタル出来るサーバーもいくつかサービス提供されています。
水素水サーバー商品一覧

水素発生スティック

水素水サーバーマグネシウム等の還元作用を持つ金属をスティックタイプにした製品で、化学反応を利用して水素水が作れる商品です。
専用ペットボトルなどに水とスティックを入れて振って生成することが出来る為、スティックを持ち運べば外出先でも水素水が手軽に飲めるため、携帯用としてはも便利な商品です。価格帯も1本200円前後(大体30本セットなどで販売されています。)とアルミパウチ商品と同じ程度の価格帯です。
水素水スティック商品一覧

水素発生器

水素水サーバー水素水サーバーも生成器に含まれますが、電気分解や科学反応等により水を水素水に生成させるタイプの商品です。
主に持ち運べるタイプのものが多く、ボトルタイプの商品などが数多く発売されています。価格は数万円程度のものが多く、据置型のサーバータイプと比べると性能的にはパワー不足といった感じで、生成できる水素水の水素濃度がそれ程高くないものが多いですが、最近では1.0ppmを超える高濃度の水素水を生成できる商品も発売されてきています。持ち運びできることから、スポーツジムなど運動後の利用を目的に人気が高まっています。バッテリーを内臓している商品などはグラウンドなど屋外でも利用できる商品もあります。

水素水生成器ボトル商品一覧

水素水風呂

水素水サーバー水素水は皮膚に浸けることでも効果があることが分かっています。水素水研究の第一人者である太田教授によれば、水素水の風呂に入ると7分間で皮膚から水素がはいりこんで全身にゆきわたるとのこと。水素水風呂に入ることで皮膚から水素が浸透して飲むのと同様の効果が期待出来ます。水素水風呂の商品としては、入浴剤タイプと生成器タイプの2つがあります。入浴剤タイプは、水素水に生成するパウダーをお湯に溶け込ませることで水素水風呂に生成させるものと、発生剤をお風呂に入れて水との反応過程で水素を発生させるタイプの2つがあります。

水素水風呂商品一覧