消費者庁が「水素水」を販売する3社に措置命令

消費者庁は3月3日、水素水を販売するマハロ、メロディアンハーモニーファイン、千代田薬品工業の3社に不当景品類及び不当表示防止法(以下、法と言います。)第7条の規定に基づく消費者庁の措置命令措置命令を下しました。
対象となった商品は、マロハ「ビガーブライトEX」、メリディアンハーモニーファイン「水素たっぷりのおいしい水」、千代田薬品工業「ナチュラ水素」の3商品で、同3水素水商品について、広告でダイエット効果や炎症の抑制をうたった表示が優良誤認にあたるとしたもので、消費者庁は3社に対して合理的根拠を示す資料の提出を求め、メロディアンハーモニーファインと千代田薬品工業の2社から提出された資料は、病者や動物、細胞を対象にしたもので、表示根拠として認められないと判断されました。マハロからの資料の提出はありませんでした。水素水を巡っては、昨年12月に国民生活センターが商品テストを実施し、消費者庁に水素水の表示改善の対応を求めていました。
水素水を販売する会社によっては、各自その効果の検証を行ってはいるものの、エビデンスと認められるようなケースが少なく、今回、メロディアンハーモニーファイン、千代田薬品工業から提出された資料においても病者や動物、細胞などを対象にした結果であり、今後は健常者を対象とした新たな検証結果が求められるものとなるのではないでしょうか。

<措置命令3社の謝罪文>
マロハ:https://www.vigorbright-store.com/gazou/page0/owabi.pdf
メロディアンハーモニーファイン:http://www.melodianhf.com/1703.pdf
千代田薬品工業:http://www.naturath.jp/pdf/20170303.pdf

東急百貨店で水素水を販売

東急百貨店たまプラーザ店の地下1階食料品フロアにて、2017年3月3日(金)から水素水の提供が開始されています。
地下1階食料品フロアに水素水サーバーが設置されており、サービスカウンターで30回分使えるプリペイドカードを購入すると専用の真空容器「H2-BAG」がもらえ、その容器を水素水サーバーにセットしてボタンを押すと水素水が容器に補充されるというもの。水素水サーバーの設置は水素水事業を広く展開する(株)ドクターズ・マン(青葉区美しが丘)が手掛けています。3月3日から31日(金)まではサーバー設置を記念して、プリペイドカードが通常2160円のところ、1080円となる半額キャンペーンを実施しています。1回あたり500mlの水素水が72円とお得な金額ですが、期間中は36円になる計算なので水素水のお試しに最適な価格ではないでしょうか。まだ水素水を試したことがない人で関心のある人にはおすすめかと思います。加えてカードを1枚買うごとに、専用容器も1つプレゼントしてもらえるとのこと。
水素水はアルミパウチタイプの商品でも300mlで200円程度する為、まずはお試ししてみたいという方にはいいかもしれません。私は自宅に水素水サーバーを設置していますが、水素水サーバーは高額な為、なかなか一般家庭に設置するには手を出しづらいですが、デパ地下でしかも500ml数十円で購入できるのであれば、ミネラルウォーターよりも安く手に入れることが出来るので、ミネラルウォーター感覚で購入されるのもいいかもしれません。
実際に利用してみて、家庭でも日常的に水素水を利用してみたい方にはサーバータイプもおすすめです。
水素水サーバーの一覧はこちら

電解水素水は、飽和式水素水よりも効果あり?

日本トリムは2月13日、九州大学農学研究院と東京大学大学院工学研究科、同大学政策ビジョン研究センターと共同で、電解水生成器から電気分解によって生成される陰極側の電解水「アルカリ性電解水素水」のヒト培養細胞内の活性酸素種除去能力について研究し、2月9日に米国のオープンアクセスジャーナル誌「PLOS ONE」にその論文が掲載されたと発表しました。

その論文によれば、電解水素水と水素をバブリングした水(水素水)を比較したところ、電解水素水、バブリングして生成した水素水ともに活性酸素種の除去能力が認められ、電解水素水は細胞内の活性酸素量を50%減らしたのに対し、バブリング生成した水素水は10%に留まっており、加えて電解水素水、場ブリング生成の水素水共に水素が抜けた状態での効果を検証したところ、電解水素水は脱気前の6割程度ではあるが除去能力を維持したとのこと。 Continue reading “電解水素水は、飽和式水素水よりも効果あり?”

協同乳業が“水素ガスをより作りやすい牛乳”を発売

協同乳業は、飲むと体内で水素が作られるという、「ミルクde水素」を発売しました。

意外と知られていないですが、人間の体内では水素ガスが作られており、牛乳を飲むと腸内細菌の働きで更に作られやすくなるということ。牛乳のこの作用に着目して開発されたのが「ミルクde水素」で、飲んで2時間後から水素が作られ、約10時間にわたって持続されるという。協同乳業は、慶応大医学部の坪田一男教授の研究チームと、より水素ガスが作れる牛乳を作るための共同研究を実施して商品化に成功したとのこと。 Continue reading “協同乳業が“水素ガスをより作りやすい牛乳”を発売”

日本トリム、業務用の電解水素水整水器を販売開始

整水器シェアNo.1の株式会社日本トリムは、業務用・電解水素水整水器は、飲食店様など電解水を大量に使用したいというお客様のニーズを受けて開発した大容量タイプの業務用・電解水素水整水器を、2016年10月より販売開始しています。家庭用整水器の機種(TRIM ION HYPER)と比較して最大4倍の電解水を取水可能なことに加え、24時間連続生成、貯水量の設定が可能になっている製品とのこと。 Continue reading “日本トリム、業務用の電解水素水整水器を販売開始”

水素水はニセ科学と言われる理由

水素水は本当に効くの?ニセ科学じゃないの?と騒がれていましたが、水素水はまだ研究段階のものであり、医薬品でもなければトクホ、機能性表示食品などでもありません。水素水と名前のついた商品は数多く発売されていますが、まだ完全に検証されていなものに対する人々の警鐘だったのではないかと思います。水素水がニセ科学と言われる理由について考察してみました。 Continue reading “水素水はニセ科学と言われる理由”

日本トリム、高知県須崎市の500世帯に電解水素水整水器を提供!

日本トリムは、高知県須崎市の地方創生総合戦略における「健康をキーワードとした地方創生事業」に賛同、協力し、電解水素水を活用した官民連携による共同事業に取り組んでいくとのこと。

d13898-18-551974-3

日本トリムは、「日本一の健康長寿のまち」を目指す高知県須崎市との官民連携による共同事業により、管理医療機器である電解水素水整水器を須崎市の500世帯に提供する予定で、高知大学医学部にも協力をお願いし、日常的に電解水素水を飲用した市民の健康状態の変化(血液検査、健診データ、アンケート等)を収集、分析して、電解水素水が生活習慣病予防や健康増進に与える影響を調査、研究していくそうです。 Continue reading “日本トリム、高知県須崎市の500世帯に電解水素水整水器を提供!”

伊藤園、独自の水素封入方式採用の水素水発売

伊藤園は独自の水素封入方式を採用した水素水の新商品を2016年10月3日に発売すると発表しました。

今回発売された伊藤園の新商品は、新たに飲み口の無い4層構造のアルミパウチ容器を採用しており、水素濃度は飽和濃度の1.6ppm(表記は0.6ppm~1.6ppmと記載されています)ですが、飲み口の無い容器を採用したことで賞味期限が9ヶ月間と長い間水素が抜けるのを防ぐ容器を採用しています。
商品の詳細は以下の通り。

160912_04
製品名 : 水素水
品名 : 清涼飲料水
容量 : 200mlアルミパウチ
希望小売価格(税別) : 185円
賞味期間 (未開封) : 9ヶ月 Continue reading “伊藤園、独自の水素封入方式採用の水素水発売”

伊勢丹が食料品売場で水素水を提供

伊勢丹相模原店は、地下1階食料品売場のイートインパークにて9月1日(木)から水素水を提供するとのこと。
イートインパーク内に水素水サーバーが設置してあり、地下サービスカウンターで30回分使えるプリペイドカード(2千円税別)を購入すると水素水専用の真空容器を渡されます。その容器を水素水サーバーにセットしてボタンを押せば1回500mlの水素水が提供される。1回分あたりたったの67円で楽しめるので、水素水をお試ししたい方や買い物ついでに家に持ち帰ったりできるとのこと。

2016年9月30日(金)までお得な半額キャンペーンを実施中で、期間中は、1080円で30回使うことができるカードを1枚買うごとに容器を1つプレゼント。

水素水サーバーの設置を手がけたのは、水素水事業を広く展開している(株)ドクターズ・マン(横浜市青葉区/橋本総社長)で、今回設置した水素水サーバーは、最新の水素水生成方式「一過式フラッシュ・バブリングシステム」を搭載した最新の機種。

これまで水素水を飲んだことがない方はお試しに、これまでアルミパウチ容器の水素水を飲んでた方は買い物ついでに買えるのでこういった環境が増えてくれれば一般的にも水素水に触れる機会が増えていいかもしれませんね。

日本トリム、電解水素水の農業活用で草津メロンの収穫量と質を約130%向上

整水器シェアNo.1の株式会社日本トリムは、滋賀県・湖南中央園芸組合前組合長横江喜代治氏と提携して、 2015年より実施していた電解水素水を使用した草津メロンの試験栽培において、通常水(琵琶湖水)で育てたものと比較し、収穫量、糖度に大きな有意差の 再現性を確認しています。

試験内容は、2015年より滋賀県草津市・湖南中央園芸組合の草津メロンの一部のハウスにおいて、日本トリム製農業用整水器(還元野菜整水器)を試験導入し、メロンの栽培に利用して収穫量、糖度などの比較を行っています。琵琶湖の水を使った栽培に比べて電解水素水で栽培したメロンの収穫量およびサイズが130%向上し、糖度は草津メロンの特秀規定糖度である14.6度を 大きく上回る18度前後のメロンが収穫できたとのこと。、再現性を確認する為に、2015年、2016年と2年連続で水素水を利用した栽培を行い、同様の結果を得て再現性が確認されています。

<草津メロンサイズ割合>
d13898-17-513539-1

<草津メロン重量比較(平均値)>
d13898-17-140977-2

Continue reading “日本トリム、電解水素水の農業活用で草津メロンの収穫量と質を約130%向上”