日本トリム、電解水素水の農業活用で草津メロンの収穫量と質を約130%向上

整水器シェアNo.1の株式会社日本トリムは、滋賀県・湖南中央園芸組合前組合長横江喜代治氏と提携して、 2015年より実施していた電解水素水を使用した草津メロンの試験栽培において、通常水(琵琶湖水)で育てたものと比較し、収穫量、糖度に大きな有意差の 再現性を確認しています。

試験内容は、2015年より滋賀県草津市・湖南中央園芸組合の草津メロンの一部のハウスにおいて、日本トリム製農業用整水器(還元野菜整水器)を試験導入し、メロンの栽培に利用して収穫量、糖度などの比較を行っています。琵琶湖の水を使った栽培に比べて電解水素水で栽培したメロンの収穫量およびサイズが130%向上し、糖度は草津メロンの特秀規定糖度である14.6度を 大きく上回る18度前後のメロンが収穫できたとのこと。、再現性を確認する為に、2015年、2016年と2年連続で水素水を利用した栽培を行い、同様の結果を得て再現性が確認されています。

<草津メロンサイズ割合>
d13898-17-513539-1

<草津メロン重量比較(平均値)>
d13898-17-140977-2

上記は、電解水素水を利用した場合と、琵琶湖の水を利用した場合との収穫の違いについての表です。
サイズの割合は、電解水素水を利用した場合は、2年連続で収穫されたメロンのほとんどが1.8㎏以上となっており、また平均の重量でも2.3㎏と、琵琶湖水を利用した場合に比べて収穫量が大幅にアップしています。

実際に電解水素水を利用したメロンの栽培に携わった農家の方によれば、電解水素水を使用した場合は、メロンの茎、葉が今までより2倍ぐらいの大きさになり、根の張りが良くなったことで、水分・養分十分に吸い上げている為、メロンの大きさ糖度UPに繋がったのではないかとのこと。メロンの大きさ、糖度も全て「特秀」を頂いているそうです。

水素水の効果はまだまだ未知で、エビデンスと呼ばれるようなものがまだ不十分で研究段階にあるかと思いますが、農業など様々な分野でも取り組みがなされています。この草津メロンの栽培試験も2年連続で同じ様な結果が得られたことにより、水素水を活用した農業への取り組みに一層弾みが付いてくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です