日本トリム、業務用「トリム電解水素水サーバー」を新発売

整水器シェアNo.1の日本トリムは、業務用「トリム電解水素水サーバー」を2017年7月より販売開始しました。

新発売された製品は、日本トリム独自の血液透析「電解水透析」に使用されている最先端の電解技術を応用し、高濃度な電解水素水(※参考濃度:日本トリム高知工場での実測値は1,200ppb)を生成するとのこと。500mlのペットボトルで1時間に最大120人分の電解水素水が供給可能な大容量タイプで、熱水による自動殺菌洗浄システムを搭載しており、業務用としてオフィスや病院、食堂、スポーツクラブなど大人数での飲用が可能な機種です。

trim-new-products

新製品のポイントは以下の3つで、

POINT1:医療に応用された最先端の電解技術を搭載

水素ガスの注入(バブリング)ではなく、電気分解で水素水を生成。日本トリム独自の血液透析「電解水透析」用機器の最先端電解方式(固体高分子膜式)を採用した高濃度水素水サーバー。

POINT2:水道直結のオート給水でガロンタンクの保管や入れ替えの手間いらず

水道直結によりガロンタンクを保管したり、入れ替えたりする手間を省くことができます。またサーバー内タンクは最大10リットルの貯蓄が可能。500mlのペットボトルで1時間に最大120人分の電解水素水の供給が可能。

POINT3:熱水処理、滅菌性能搭載のオート殺菌

雑菌の繁殖を抑えるため1日1回80℃の熱水を循環させ、タンク・電解槽等本体内部の流水経路を自動洗浄。

血液透析「電解水透析」に使用されている最先端の電解技術を応用し、短時間で大量の電解水素水が生成できるとことで、業務用として食堂やスポーツジムなど大人数での利用に対応した機種となっています。

【本体標準価格】
・THS1-10C(カップ型)・THS1-10P(ペットボトル型)本体標準価格:¥1,250,000(税抜)

 

参考URL:http://www.nihon-trim.co.jp/others/news/detail.php?year=2017&cid=news&nid=425

個人向け製品:http://www.h2h2o.net/server/trim-ion-hyper

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です