水素水サーバーランキング

水素水サーバー水素水サーバーのランキングを当サイト独自の基準により評価を算出し、水素水サーバーランキングとして紹介しています。
あくまでも当サイトの独自基準により、各水素水サーバーの性能や機能などを比較して順位付けしたもので、水素水サーバー選びの一つの参考としてこのランキングをご活用頂ければと思います。各機種毎に独自の機能やメリット、デメリットがあるので、ご自身に合った機種を見つけて頂ければと思います。


ランキング No.1

アルピナウォーター
アルピナウォーター

アルピナウォーターサーバー

家庭用水素水サーバーでは導入の少なかった「気体過飽和式」の高性能水素発生器をレンタルで利用できる水素水サーバー。気体飽和式により溶存濃度4.1ppmの高濃度と、水素が抜けにくい水素水を生成することが出来ます。ウォーターサーバーのレンタルを展開するアルピナウォーターのオプションサービスとしてレンタル提供されています。


総合評価:4.4/5段階中

アルピナウォーターは、生成できる溶存濃度が4.1ppm、価格もレンタルのみであるが月額1572円と同性能クラスの水素水サーバー比べてもトップクラスの評価でランキング1位となりました。
ウォーターサーバー「アルピナウォーター」のオプション機能として提供されているサーバーですが、多くの機能を有しないサーバーを利用している為、自動洗浄などの機能もなく、そういった点においてメンテナンス面では少し評価が低く、また、使用するお水がウォーターボトルとなる点などもランニングコストが他の機種に比べて若干高めである点は評価が低くなりました。しかし、サーバー性能としては高濃度水素が生成出来る面で評価が高く総合的にも4.4と高評価となっています。


水素濃度 4.1ppm
価格 購入価格:-
レンタル:1,572円(税別)/月
ランニングコスト 利用水:ウォーターボトル
電気代:ー
カートリッジ交換代:水道水利用で無いため交換は必要なし
メンテナンス
性能面 生成方式:飽和式
その他:

 アルピナウォーターの詳細はこちら


ランキング No.2

ルルドハイドロフィクス
ルルドハイドロフィクス

ルルドハイドロフィクスサーバー

ルルドハイドロフィクスは、水素水と水素吸引の2つの機能が使える水素水サーバー。1.2ppmの溶存濃度の水素水と、水素吸引機能が付いている優れもののサーバーです。生成した水素を飲用水に充填する飽和式を採用しており、電極が水に触れる電解式と異なり水質が変化するということもありません。


総合評価:4.4/5段階中

ルルドハイドロフィクスは、生成できる濃度が1.2ppmと標準的ですが、水素吸引機能が付いている点、濃度が分かるインジケーターや追い炊き機能など総合的な性能面の評価が高く、メンテナンス性などでは標準的な評価となったものの総合評価でも高い評価でランキング2位となりました。
ルルドの後継機種として発売されたハイドロフィクスには、新たに水素吸引機能が付いており、通常水素吸引機だけでも10万円以上しますが、この機能が一緒について14万円台という点においては非常にバリュー感の高い機種と言えます。水素水に比べて水素吸引はより多くの水素を体内に取り込むことができるとされており、水素吸引機を購入しなくとも同時に飲料と吸引機能が使える点は評価が高いです。


水素濃度 1.2ppm
価格 購入価格:148,800円(税別)
レンタル:なし
ランニングコスト 利用水:水道水
電気代:ー
カートリッジ交換代:カートリッジの製品保証期間はお買い上げから使用開始までの1年間となります。カートリッジ:¥4,298 (税込)
浄水フィルターの製品保証期間はお買い上げから使用開始までの1年間となります。浄水フィルター:¥3,888 (税込)
メンテナンス なし
性能面 生成方式:飽和式
その他:

 ルルドハイドロフィクスの詳細はこちら


ランキング No.3

ガウラ ミニ
ガウラ ミニ

ガウラ ミニサーバー

ガウラミニは、給水口の出口付近で飲む分をその都度電気分解するワンパス式を新採用した水素水サーバー。ワンパス方式により水素水生成時間の短縮と、水素濃度が不安定になりがちであるという弱点を解消しており、水素濃度1.0ppmの水素水を生成することが出来ます。


総合評価:4.3/5段階中

ガウラミニは、生成できる溶存濃度が1.0ppmと水素水サーバーとしては標準よりも若干高い性能ですが、価格は購入金額が14万8千円(税別)と同性能の機種と比べても非常に安く、水道水が利用出来る点、電気代も月700円程度とエコな点、自動洗浄付きでメンテナンスも楽な点などから、トータルでも4.3と高い評価でランキング3位となりました。


水素濃度 1.0ppm
価格 購入価格:148,000円(税別)
レンタル:4,980円(税別)/月
ランニングコスト 利用水:水道水
電気代:700円
カートリッジ交換代:カーボンフィルター8,000円(税別)/1年
※レンタルの場合はフィルター交換代はレンタル料金に含まれています。
メンテナンス 自動洗浄機能付き
性能面 生成方式:電解式
その他:

 ガウラ ミニの詳細はこちら


ランキング No.4

ハワイウォーター
ハワイウォーター

ハワイウォーターサーバー

水素との相性抜群のクラスターの小さいハワイウォーターの水を利用した水素水サーバー。クラスターとは分子の集合体のことであり、分子構造が小さなお水ほど身体への吸収率が高いとされています。ハワイウォーターの水はクラスターが小さいため、ナノ化させた水素を溶け込ませても水素が抜けにくく味もまろやかです。


総合評価:4.3/5段階中

ハワイウォーターは、生成できる溶存濃度が4.1ppm、価格もレンタルのみであるが月額1572円と同性能クラスの水素水サーバー比べてもトップクラスの評価でランキング4位となりました。
ウォーターサーバー「ハワイウォーター」のオプション機能として提供されているサーバーですが、アルピナウォーター同様(提供している会社が同じです)、多くの機能を有しないサーバーを利用している為、自動洗浄などの機能もなく、そういった点においてメンテナンス面では少し評価が低く、また、使用するお水がウォーターボトル(使用する水の点では最も高いコスト)となる点などもランニングコストが他の機種に比べて若干高めである点で評価が低くなりました。しかし、サーバー性能としては高濃度水素が生成出来る面で評価が高く総合的にも4.3と高評価となりました。


水素濃度 4.1ppm
価格 購入価格:-
レンタル:1,572円(税別)/月
ランニングコスト 利用水:ウォーターボトル
電気代:ー
カートリッジ交換代:水道水利用で無いため交換は必要なし
メンテナンス
性能面 生成方式:飽和式
その他:

 ハワイウォーターの詳細はこちら


ランキング No.5

SOMA(ソーマ)
SOMA(ソーマ)

SOMA(ソーマ)サーバー

SOMA(ソーマ)は水道水から直接水素水が作れるサーバー。独自に開発した定電流の制御システム「FEP回路」によりどんな水質でも安定した水素水を生成します。水道水がそのまま使える点は家庭に浄水器が無い場合などは非常に便利です。


総合評価:4.2/5段階中

SOMA(ソーマ)は、生成できる溶存濃度が0.35~0.75ppmと他社製品と比べて若干低めの性能で、この点は評価が高くないものの、同性能の製品と比べると価格が9万円台と安価な点は高評価でランキングで5位となりました。
SOMA(ソーマ)は水道水が利用可能な点、カートリッジ交換費用が年間6980円と比較的安価な点などからランニングコストでも費用が安く、また自動クリーニング機能などメンテナンス面でも高評価となりました。生成できる濃度が低いものの、価格、ランニングコスト、メンテナンスが高評価となったことで、総合点でも4.1という高評価になりました。


水素濃度 0.35~0.75ppm
価格 購入価格:90,741円(税別)
レンタル:なし
ランニングコスト 利用水:水道水
電気代:ー
カートリッジ交換代:6,980円(2個)
メンテナンス
性能面 生成方式:電解式
その他:

 SOMA(ソーマ)の詳細はこちら