アキュエラ(aquela)の詳細

アキュエラ(aquela)6つの特許技術で7.0ppmという超過飽和水素水を実現。
1気圧の中では、水の中に溶存できる水素量は1.57ppmですが、アキュエラは耐圧ペットボトル内で水素を発生させることで、ペットボトル内の気圧を高め7.0ppmという溶存濃度を実現しています。週刊文集の特集で、水素水の権威である太田成男教授が行った実験でもアキュエラは5ppm以上の溶存濃度が確認されており、また、リウマチの専門医である石橋博士が臨床試験にこの商品を用いるなど、医療現場や臨床現場でも使われている商品です。
アキュエラはスティックと水との科学反応によって水素を発生させて生成する為、時間の経過によって溶存濃度が異なります(2~3分で5.0ppm、24時間で7.0ppm)。溶存濃度がどれくらいなのかを確認する為の濃度測定できる試薬がセットになっているので、実際に自分で濃度を確かめながら飲める点は評価できます。最大飽和濃度1.57ppmをはるかに超えたアキュエラの7.0ppmという表記には疑いを持ってしまいますが、雑誌の特集で実際に計測され確認されていることや、医療現場でも使用されいること、自分でも計測できる試薬がセットになっている点などから安心して使える商品と言えます。

  • 6つの特許技術で水素濃度7.0ppmを実現
  • 医療現場や臨床試験で使用される実績
  • 500mlあたり227円の低価格

アキュエラ(aquela)の商品詳細

初回限定価格 6800円(税込)/30本
水素濃度 7.0ppm
1本当たりの価格 227円
生成水素量(1本) 1回の生成(500ml)のみ
水素生成時間 2~3分後、30秒関シェイク(5.0ppm)
24時間後、30秒間シェイク(7.0ppm)
成分 水酸化カルシウム、アルミニウム
商品内容 専用耐圧ペットボトル×2本
水素発生キット(スポイト x 2個、カプセル x 2個)
溶存水素濃度判定試薬×1個
キャップ×2個
配送料 無料