世界初「水素浴カプセル専門サロン」が銀座にオープン!

世界初となる「水素浴カプセル専門サロン Ginza Aimy【銀座エイミー】」が銀座の一等地にオープンしました。
運営するのは株式会社エイム(所在地:東京都青梅市、代表取締役:小山 孝)で、水素美容・日本の健康レベルの最先端技術として銀座から世界に発信していけるよう、6月1日より「水素浴カプセル一生通い放題キャンペーン」を開始するとのこと。
ginza-aimy

水素浴カプセルとは、直接水素を吸い込む水素吸引や、水素水を飲むのとは違い、水素と溶解型酸素の入ったカプセルに入ることで、水素を体内に取り入れるというもの。カプセル内での呼吸による水素の吸入はもちろん、体全体で水素を体内に取り入れることで、老化を促進するAGE(終末糖化産物)と、活性酸素を除去し、アンチエイジングや生活習慣病への予防効果が期待できます。 Continue reading “世界初「水素浴カプセル専門サロン」が銀座にオープン!”

アクアバンクから電気分解型ポータブル水素ガス吸引具「KENCOS3」5月発売予定

水素水サーバーを取り扱うアクアバンクより、電気分解型ポータブル水素ガス吸引具「KENCOS3(ケンコススリー)」を5月25日(金)より発売開始予定です。

アクアバンクKENCOS3

KENCOS3(ケンコススリー)は携帯型の水素吸引器で、まるで電子タバコの様な機器で手に持って水素を吸引することができる吸引具になっています。現行モデル「KENCOS2-S」から更に小型化、軽量化しており、サイズは高さ130.5mm×幅55mm×厚さ24mm、重量約110gと持ち運ぶには最適なサイズとなっています。
水素ガス生成量は、1分間に最大8mℓの水素ガスを生成し、5分の吸引で水素水(1.0ppm)5ℓ分の水素ガスを吸引することができるとのこと。また、「キシリトールメンソール」「クレイジーメンソール」「アイスアップル」の3種類のフレーバーカートリッジ(別売り)でフレーバーの付いた水素吸引を楽しむことができます。据置型の水素吸引器と違い、外出先など好きな場所で手軽に水素吸引が楽しめる点が非常にうれしいところです。価格は公表されてないですが、現行モデルの「KENCOS2-S」が69,500円(税別)であることから同額程度の価格帯になるのではないかと思います。

■水素吸引について
水素吸引は体への水素の接種法として、水素水よりも更に水素を体に取り込める方法とされています。2016年12月9日には、「水素ガス吸入」が厚生労働省の先進医療Bとして認可されており、成人院外心停止後患者のうち、自己心拍再開後も昏睡が持続する患者を対象として、集中治療室で18時間2%水素添加酸素を人工呼吸器下に吸入する治療法として認可されています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html

■KENCOSの水素吸引時の心理生理的効果の検証
KENCOSは、筑波大学大学院グローバル教育院ヒューマンバイオロジー学位プログラムにおいて、KENCOS2を使用して、水素吸引時の心理生理的効果を検証するための臨床試験を2016年12月より行っています。
https://www.aqua-bank.co.jp/kenkyu20161213.pdf

■本体概要
商品名:KENCOS3(ケンコススリー)
サイズ:高さ130.5mm×幅55mm×厚さ24mm
重量約:110g
内容物:本体・USB充電ケーブル

⇒アクアバンクの水素水サーバーはこちら

日本トリム、透析現場の技術を搭載した電解水素水整水器を新発売

整水器シェアNo.1の日本トリムは、透析現場で使用される高度な電解システムを搭載し、高濃度の電解水素水を生成する電解水素水整水器「トリムイオンGRACE」を2017年9月1日に新発売いたしました。

d23574-13-956542-3
新製品「トリムイオンGRACE(グレイス)」は、従来の電解槽に加えて、より高品質な水をより安全に大量に供給することが求められる透析現場で磨かれた「固体高分子膜電解槽」を初めて搭載したハイスペックタイプの電解水素水整水器で、高性能な「ハイブリッドダブル電解システム」を搭載することで、水素濃度最大1300ppb(1.3ppm)の電解水素水を生成できるようになったとのこと。
Continue reading “日本トリム、透析現場の技術を搭載した電解水素水整水器を新発売”

POLAが風呂用水素生成器を新発売

化粧品メーカーであるPOLA(ポーラ)が、贅沢なバスタイムを演出する風呂用水素生成器「スパ エクスペリエンス H2」を2017年8月2日に発売します。

同機種は微細なマイクロサイズの水素バブル(40μm)を1分間に3億個発生させる水素水風呂生成器で、電極を5枚重ねて電気分解の回数を増やし、短時間で豊富な水素バブルを発生させる電極5層ミルフィーユ構造を採用しています。浴槽全体に素早く循環させるターボリフレッシュ水素発生システムを採用し、豊富で微細な水素バブルは湯に溶け込みやすく、発生後の水素量が保たれるとのこと。
「スパ エクスペリエンス H2」は作動させると7色のレインボーカラー照明により彩られ、クリームのように微細で濃厚な水素バブルに包まれ、こころとろけるような贅沢な入浴タイムが体験できるとのことです。

価格は¥148,000(税込¥159,840)と、水素水風呂生成器としては、若干高めの価格になっています。

pola

Continue reading “POLAが風呂用水素生成器を新発売”

ポータブル水素吸入器「SÜ(スゥ)」

株式会社協和医療器は、2017年7月25日(火)、いつでも手軽に水素吸入が可能な「ポータブル水素吸入器 SÜ(スゥ)」を、数量限定にて発売するとのこと。

ポータブル水素吸入器 SÜ(スゥ)は重量約36g、大きさは高さ 約15㎝×キャップ 直径 約3㎝の持ち運び可能な水素吸引器で、専用フレーバーに水を加えるだけで、どこでもフレッシュな水素を生み出せるというもの。小型なのでどこでもバッグに入れて持ち運びが可能で、また水素吸引は直接水素を吸い込む為、僅かな吸引時間でも水素水よりも体に多くの水素を取り込むことが可能だとされています。SÜは5~10分間の吸入で、約1.6ppmの水素水3L分に相当する水素を取り込むことが出来るとのことです。

ポータブル水素吸入器「SÜ(スゥ)

Continue reading “ポータブル水素吸入器「SÜ(スゥ)」”

日本トリム、業務用「トリム電解水素水サーバー」を新発売

整水器シェアNo.1の日本トリムは、業務用「トリム電解水素水サーバー」を2017年7月より販売開始しました。

新発売された製品は、日本トリム独自の血液透析「電解水透析」に使用されている最先端の電解技術を応用し、高濃度な電解水素水(※参考濃度:日本トリム高知工場での実測値は1,200ppb)を生成するとのこと。500mlのペットボトルで1時間に最大120人分の電解水素水が供給可能な大容量タイプで、熱水による自動殺菌洗浄システムを搭載しており、業務用としてオフィスや病院、食堂、スポーツクラブなど大人数での飲用が可能な機種です。

trim-new-products Continue reading “日本トリム、業務用「トリム電解水素水サーバー」を新発売”

あらゆる水質で最適な水素濃度を察知する水素水生成器

株式会社フラックス(神奈川県横浜市 代表 松木清悟)は、2017年6月15 日(木)にあらゆる水質にあわせ、最適な濃度の水素水を生成する水素ジェネレーター「POCKET IQ7」を発売するとのこと。
水素はお水の硬度や成分などが異なる為にそれぞれ水質が異なる為、水素はその水質によって生成時の溶存水素量(水素濃度)が違ってきます。
「POCKET IQ7」は、電気の特性を生かし、あらゆる水質に影響されず、安定した水素を発生させる特許取得技術「FLAX ppbモード」を採用し、硬度や成分などが異なる水質ごとの最適な溶存水素量(水素濃度)を察知して生成する、知能をもった水素ジェネレーターとなりました。元の水のpH(ペーハー)を変えることもありません。
さらに、業界初となるJIS規格・完全防水構造(IPX8およびIPX5)を実現。すべてのパーツを分けて丸洗いできるので、メンテナンスが簡単で衛生的な仕様となっています。
飲用の水素水に最も適した溶存水素量を 500ppb ( parts per billionの略 ) とし、この数値(水温20℃時)を基準としています。d25879-4-425436-0

Continue reading “あらゆる水質で最適な水素濃度を察知する水素水生成器”

伊藤園がアミノ酸と水素水を組み合わせたスポーツウォーターを発売

伊藤園は、アミノ酸3200mgを水素水でおいしく摂取できるスポーツウォーター「アミノ水素水」を、2017年4月10日から発売する。

「アミノ水素水」は、甘味料や香料は一切使用せず、アミノ酸と水素水を組み合わせることによりすっきりとした味わいを実現した清涼飲料水。運動時に好適なアミノ酸3200mg(アラニン3000mg、テアニン200mg)(たんぱく質3.2g)が摂取できる。容器は水素が抜けづらいアルミ缶を採用しており、常温・常圧にて未開封時であれば工場出荷時から賞味期限までの水素濃度を0.3~0.8ppmを保つことが出来るとの事。価格は185円で、賞味期限は9ヶ月間。

itoen

伊藤園はこれまで発売してきた水素水飲料がネットで叩かれた経緯もある為か、水素水+健康成分という組み合わせの商品にシフトした感がありますが、継続して発売して水素水業界を少しでも盛り上げてくれるといいですね。

500mlのペットボトルに10分さすだけで水素水を生成

健康商品のネット通販を手掛ける、ヨクスルショップ(所在地:東京都世田谷区成城2-2-14、販売担当者:白川誠人)は、500mlのペットボトルに10分さすだけで水素水を生成する携帯型水素水生成器「スイレックス スマート」の販売を、2017年3月27日(月)より開始しました。

スイレックススマートは電解式の携帯型水素水生成器で、サイズは幅3.7センチ×奥行3.7センチ×長さ23.7センチとバッグに入れてもかさばらない大きさ、主さも210gと軽量なので、外出先で使うにも丁度いい大きさの生成器。ペットボトルに差して生成できるので、コンビニなどでミネラルウォーターを購入して生成すればいつでも水素水が飲めます。

51669_QObvlmrciX
生成できる水素濃度は、10分で400ppb以上、20分で約600ppbの高濃度水素水を生成可能で、また水道水でも塩素を減少させる効果がある為、水道水で生成することも出来るというもの。充電時間は1.5時間で、10分モード:約7回、20分モード:約4回の生成が可能となっています。生成後の水素水は、6時間後でも水素濃度は約半分の濃度が計測されているようです。

価格は37,000円とあまり安価ではないですが、いつでも携帯して水素水が飲みたいという方にはおすすめの機種ではないでしょうか。
⇒スイレックススマートはこちら
⇒水素水生成器の携帯タイプこちら

協同乳業が“水素ガスをより作りやすい牛乳”を発売

協同乳業は、飲むと体内で水素が作られるという、「ミルクde水素」を発売しました。

意外と知られていないですが、人間の体内では水素ガスが作られており、牛乳を飲むと腸内細菌の働きで更に作られやすくなるということ。牛乳のこの作用に着目して開発されたのが「ミルクde水素」で、飲んで2時間後から水素が作られ、約10時間にわたって持続されるという。協同乳業は、慶応大医学部の坪田一男教授の研究チームと、より水素ガスが作れる牛乳を作るための共同研究を実施して商品化に成功したとのこと。 Continue reading “協同乳業が“水素ガスをより作りやすい牛乳”を発売”