アルミパウチ水素水の口コミ・レビュー

アルミパウチ水素水を実際に注文してみた口コミ・レビューを紹介しています。各商品の使用感や、価格、パッケージなどについての口コミ・レビューをまとめています。また各製品を比較した当サイトによる独自評価も加えて掲載しています。


水素水サラスバの口コミ・レビュー

水素水サラスバ

水素水サラスバ「水素水サラスバ」を飲んでみました。1パックの容量が500mlとペットボトルと同じ量なので、短時間で一気に飲み切るにはちょっときつい感じです。開封したままだと水素が早く抜けてしまうので、飲み切れない場合はアルミパウチの空気を抜くようにキャップを占めれば、開封時と同じ水素量が24時間経っても変わらないとのこと。充填時の酸化還元電位は-400mV~-600mVと記載されていました。賞味期限は製造から4ヶ月で賞味期限以内であれば、この酸化還元電位は保たれるらしいです。


水素水サラスバの評価

総合評価:4.1/5段階中

 水素水サラスバの口コミをもっと見る


浸みわたる水素水の口コミ・レビュー

浸みわたる水素水

浸みわたる水素水「浸みわたる水素水」を実際に飲んでみました。1パックの容量が500mlとペットボトルと同じ量なので、短時間で一気に飲み切るにはちょっときつい感じです。運動した後に飲むのであればちょうどいいかもしれません。
開封したままだと2時間程度経過すると、水素量は半分程度に減ってしまうようです。アルミパウチ容器の裏面には、含まれる栄養成分と、溶存水素量などの記載がありました。ここで気になったのが、溶存水素量です。充填時1.4ppm以上と記載されていますが、公式サイトでは溶存水素量1.6ppmとうたっています。1.4ppm以上なので多少誤差があるということでしょうか。


浸みわたる水素水の評価

総合評価:4.3/5段階中

 浸みわたる水素水の口コミをもっと見る


仙寿の水NEOの口コミ・レビュー

仙寿の水NEO

仙寿の水NEO「仙寿の水」注文日から4日で届きました。注文時に日時指定が可能です。同封されていた説明書には、製造に関する説明がされていました。製造後の殺菌やロット毎の水素濃度検査、菌検査など48時間を経て出荷されるとのこと。
アルミパウチ水素水は500mlの商品が多いですが、仙寿の水は250mlと短時間で飲み切れる容量となっています。500mlのアルミパウチ水素水を以前飲んでいたためか、ちょっと物足りない感じがしましたが、女性やお年寄りなどには一度で飲み切れるサイズなので良いかもしれません。食事やお風呂上がりに飲むには多すぎず丁度よい容量なので、1日2回飲むなどの場合には向いてるかも。


仙寿の水NEOの評価

総合評価:3.7/5段階中

 仙寿の水NEOの口コミをもっと見る


伊藤園「高濃度水素水」の口コミ・レビュー

伊藤園「高濃度水素水」

伊藤園「高濃度水素水」伊藤園の「高濃度水素水」を飲んでみました。これまで飲んでみたアルミパウチの水素水は飲み口の箇所がプラスチックの為、水素が抜けて行ってしまっているのではないかという不安から溶存濃度に対する疑問がありましたが、伊藤園の高濃度水素水は飲み口の箇所にアルミを使って飲み口からの水素抜けを少なくしているということなので、何となく水素が抜けていないという安心感があります。
飲み口となるキャップ部分にはアルミ内臓のスパウトを採用しており、見た目では分かりませんが飲み口のプラスチックの部分にアルミが内臓されており、水素が抜けにくいようになっています。この部分にアルミ内臓のスパウトを採用することで、高濃度水素を長期間保てるように考慮されているとのこと。


伊藤園「高濃度水素水」の評価

総合評価:4.3/5段階中

 伊藤園「高濃度水素水」の口コミをもっと見る


水素たっぷりのおいしい水の口コミ・レビュー

水素たっぷりのおいしい水

水素たっぷりのおいしい水パッケージは水素の抜けにくいとされているアルミパウチが採用されており、アルミパウチ水素水は500mlの商品が多いですが、水素たっぷりのおいしい水は「300ml」という他社より少なめの容量です。個人的には300mlは飲みきれる丁度いい容量です。運動した後なら500mlくらいがいいのかもしれないですが、開封後に水素がどんどん抜けていってしまうことを考えると30分以内で飲み切れる300mlは丁度いい感じに思えました。


水素たっぷりのおいしい水の評価

総合評価:4.2/5段階中

 水素たっぷりのおいしい水の口コミをもっと見る